【Hard Corps: Uprising】プレイ動画まとめ ステージ8

HCU-4-1 (8)
ラストステージ。最後を飾るにふさわしい盛り上がりを見せるステージです。攻撃が激しく、長い。
ここまで来るのも一苦労。ノーデスチャレンジ中、ラストのヘリに乗れずに落下してやられたのも良い思い出です。




Hard Corps: Uprising Mission 8 Bahamut (Aracade Mode)


アーケードモードをノーデス通しでプレイした動画です。
使用キャラクターはBahamut。連射機(ホリパッド3 PRO)を使用しています。
ノーデスチャレンジを行っているせいか、ちょっと慎重に進んでいます。



武器:
レーザー(L)レベル3→そのまま
リップル(R)レベル3→クラッシュ(C)レベル1

ステージが長いため動画を2分割その1。中ボスの葡萄撃破まで。


リップルを使えば戦艦からのミサイル攻撃をはね返せます。
以降、戦艦からのミサイル&レーザー攻撃を止めることが出来るので序盤の道中が楽になります。

なお戦艦からのミサイルは「弾き返し」で返すことが出来、リップル同様レーザー攻撃を止めることが出来ます。ただし、リップル使用時の倍くらい返さないと戦艦を追い返せません。


ミサイルをはね返したらリップルはお払い箱。レベル3なので使えなくはないですが、威力の弱さがネックです。
ティベリアス戦で使いたいのでクラッシュを拾います。




武器:
レーザー(L)レベル3→そのまま
クラッシュ(C)レベル1→クラッシュ(C)レベル2

ステージが長いので2分割されたその2。中ボスの葡萄戦後からラスボスまで。

ティベリアス対策に拾っておいたクラッシュをレベル2に。
ホホギツネはレーザーでワンターンキル。

ティベリウス戦で武器をクラッシュ→レーザーと変えて使っているのは、ティベリウスの衝撃波攻撃を「どちらでも壊すことが出来ますよ」というのを見せるためです。安全に壊すならレーザーを使うことをおすすめします。


ラスボス戦では足場を自分で破壊してしまい危なくなった場面がありました。
道中やボス戦の兼ね合いでレーザー・クラッシュを持ってきていますが、どちらも自分の足場を破壊しやすいので結構危険だったり。

個人的にラスボス戦で一番使いやすいのはマシンガンなのですが、レーザーの方がステージ全体での使い勝手がいいんですよねえ・・・。難しいところです。





Hard Corps: Uprising Mission 8 Bahamut 特殊武器未使用プレイ(Rising Mode)


アーケードモードと能力を同等にしたライジングモードを通常弾のみでプレイした動画です。
使用キャラクターはBahamut。連射機は未使用。



長いので2分割しています。8-1は中ボスの葡萄撃破まで。なにげにノーダメクリア。

通常弾のみプレイはステージごとに挑戦できるとは言えかなり苦労して収録したので、他と比べて再生数が低いのがちょっと悲しいです。まあマイナーゲームな上に単なるプレイ動画なので伸びる余地はないんですけどね。今だったらゆっくり実況なり字幕なりがあった方が良さそうですね。




このゲームの後半のボスは硬いので通常弾だと時間がかかって仕方がないですね。
ティベリウス戦が特にきついかった。一応パターンがあるようですがノーダメにするのは難しかったです。





Hard Corps: Uprising Mission 5 Sayuri ノーダメージプレイ(Rising Mode)


使用キャラクターはSayuri。アーケードモードと能力を同等にしたライジングモードをノーダメでプレイした動画です。




敵の数が多くいやらしい配置なので、ルート構築が出来ませんでした。
よってダッシュ突破は諦め、安全を優先して慎重に進めました。序盤をダッシュで進めることが出来るんですかね。

次に苦戦したのはティベリウス。
こちらの攻撃力が高いからかモーションが頻繁にキャンセルされ、次にどの攻撃が来るかがわからなくなるのでやりづらかったですね。

ちなみにプレイ後に知ったことですが、ティベリウスのひざをつくモーションキャンセルは体力が20%減るごとに行われます(全部で4回)。なので体力ゲージをよく見て攻撃を加えれば安定させることは可能のようです。モーションキャンセル後に攻撃量も増えていきます。後半の攻撃が激しくなるのはこのためです。


ホホギツネはもっといい攻撃の仕方があると後で気づきました。
下段火炎放射を避けたあとは最初に切っていた位置でしゃがみ切りを連発するのがいいです。
この動画だと当たりそうでちょっと危なかったです。




オレたちゲーセン族 魂斗羅
オレたちゲーセン族 魂斗羅
ハムスター 2006-05-25
売り上げランキング : 26910

Amazonで詳しく見る
by G-Tools
真魂斗羅 NEO CONTRA


関連記事

この記事へのコメント

トラックバック

URL :

プロフィール

オタケ

Author:オタケ



・PS3ゲームをメインに適当更新。アニメ・ゲーム系統のサブカルチャーが好きなのでそちらの話題に触れたりするかも。 

・カテゴリ欄の『はじめに』に簡単なブログの紹介を書いていますのでよろしければご覧下さい(2012-09-16更新)

・本ブログはChromeで記事作成・レイアウト確認をしています。

・ブログ内の検索は上部にある検索バーをご利用下さい。

・反応が無い時はツイッターをつついて下さい。

・上のプロフ画は友人の飼い犬です。

アバウトな近況
(2016/07/05更新)
暑い日々に突入。


『このまま続きを表示する』が機能していませんね。直せるかわかりません。不都合をお掛けします。
Categories

openclose

Comments+Trackback
Comments<>+-
Trackback <> + -
アーカイブ
05 | 2017/06 | 07
- - - - 1 2 3
4 5 6 7 8 9 10
11 12 13 14 15 16 17
18 19 20 21 22 23 24
25 26 27 28 29 30 -
twitter
※ブログとtwitterではキャラクターが違いますのでご注意を。
Amazon人気商品(ゲームトップ10)