【日常】雑記その24 日記(03/15)

zakki2015-03-16-4.jpg
久しぶりに更新をしだしたので、なるべく間を開けないように何か書いていこうと思います。
単なる日記。さて、今回の更新はいつまで持つかなあ。




zakki-2015-03-16-7.jpg zakki-2015-03-16-6.jpg
日曜は久しぶりに友人と遊びにお出かけしました。まずは地元のゲーセンへ。
エミュ筐体、権利的にアレですが色々遊べるのはやっぱり便利なんですよねえ。
友人の適当チョイスに任せてよく知らないゲームをあれこれと遊びました。

画像は『戦国伝承』というベルトスクロールのゲーム。戦国がモチーフの割に、主人公たちが日本人ぽくない(2Pは完全に外国人)のがカオスだなーと思いながらプレイしていました


自分の好きなゲームである『メタルスラッグ3』を久しぶりにプレイしましたが、2面のボスでやられて愕然としました。
一応4面のボスまで行ける程度には遊んでいたゲームなのでちょっと悔しかったですねえ。


zakki2015-03-16.jpg
途中で寄った、近所の公園にて遭遇した野良猫をパシャリ。


zakki2015-03-16-5.jpg
猫って意外と人の足元まで来るもんなんですね。
さほど警戒していないようで目の前をうろちょろしていました。



その後はカフェーでダラッとダベリ。
途中で映画の話になり、今年『マッドマックス』の新作が公開されるということを知りました。
友人は『北斗の拳』が大好きなので、インスパイア元のこの作品が非常に気になっているご様子。あのヒャッハーな世紀末感をぜひ見たいと語っていました。



映画は今年の6月に公開だそうで。

『怒りのデスロード』ってサブタイがダサくて好きです。
「なんだよ『デス』って。原題は『Fury Road』だろ、どこから出てきたんだよ」と突っ込まずにはいられない。

ここ近年の洋画はタイトルの英語をそのままカタカナにしたパターンのものが多いので、
こういうのを見ると新鮮で面白いです。




そんなこんなで一日が終了。
普段、サブカル関係の話をする人がいないのでいい気晴らしでした。






zakki-2015-03-16-2.jpg
ここ数日話題になっていた漫画『進撃の巨人』の関西弁版1巻を読みました。
かなりコテコテの関西弁になっています。

どんなに真面目なシーンでもギャグに感じてしまう恐ろしさ。言葉って大事なんだなあと思いました。
しかしまあ、斜め上ってレベルじゃない不思議な発想ですねえ。誰が思いついたんだこんなアホ企画。


単に関西弁に置き換えただけかと思いきや、「巨人」に「でっかいおっさん」とルビが振られていたり、「ウォール・マリア」が「ウォール・ウメダ」になっていたりとちょいちょいネタが挟まれていました。手が込んでいますなあ。
下記サイトで無料で読めます。せやけど世界観が崩壊しとるさかい、閲覧にはきーつけや。


進撃の巨人 関西弁版 1巻|講談社
⇒ http://shingeki.net/kansai/








zakki-2015-03-16-3.jpg
進撃の関西を読んでいてふと思い出した漫画。

4人のブタ | シルキーポーク | 四元豚
⇒ http://www.silkypork.com/



「シルキーポーク」というブランド豚のキャンペーンとして公開されている漫画なのですが、





こんな感じで漫画のコマをパッケージに使われていたようで、その絵と煽り文のおかしさからネットの一部で話題になっていました。

・イトーヨーカドーの豚肉がBL化しててヤバイ : NAVERまとめ
⇒ http://matome.naver.jp/odai/2141041491056156901


ユニークなパッケージングに加えて、まとめのタイトルで出ているように、この漫画にはちょっとBL的な雰囲気が感じられる部分があったので、そういうところでもネタとしての広がりが出てたみたいです。
この話題が出た半年前頃は更新途中だったのですが、このキャンペーンを思い出して久しぶりに見に行ったら最終話である10話までアップされていました。


話は忘れていたので最初から一気に最後まで読みました。1話約20ページが10話なので大体200ページ分。単行本1冊くらいにはなりますかね。一応きちんとしたストーリー漫画です。『4人のブタ』のタイトル通り、4人の豚を探して、集まった結果、何かが起きます。

ユニークな宣伝があったからか内容にはネタを期待をしてしまっていたのですが、キャンペーン漫画だからか割と普通でした。まあそりゃそうですよね。登場人物は男しかいなくて、会話中に顔を赤らめたりしますが、過激なことは起きません。


最終話まで読みましたが「ここで終るの?」と疑問符が浮かぶ終わり方だったのでちょっと残念でした。
こういう終わり方をするのはわからなくはないのですが、余韻が足らないせいかすっきりしないんですよねえ。
流れと意図はわかるけど最終ページの唐突感が強くて「何ページか抜けてない?」って思ってしまいました。
画竜点睛を欠きましたね。


まあ、暇つぶしにはなると思うので、気になった方は読んでみては如何でしょうか。




野ブタ。をプロデュース (河出文庫)
野ブタ。をプロデュース (河出文庫)白岩 玄

河出書房新社 2008-10-03
売り上げランキング : 112838

Amazonで詳しく見る
by G-Tools
空に唄う (河出文庫) 桐島、部活やめるってよ (集英社文庫) 愛について インストール (河出文庫) 未婚30



関連記事

この記事へのコメント

トラックバック

URL :

プロフィール

オタケ

Author:オタケ



・PS3ゲームをメインに適当更新。アニメ・ゲーム系統のサブカルチャーが好きなのでそちらの話題に触れたりするかも。 

・カテゴリ欄の『はじめに』に簡単なブログの紹介を書いていますのでよろしければご覧下さい(2012-09-16更新)

・本ブログはChromeで記事作成・レイアウト確認をしています。

・ブログ内の検索は上部にある検索バーをご利用下さい。

・反応が無い時はツイッターをつついて下さい。

・上のプロフ画は友人の飼い犬です。

アバウトな近況
(2016/07/05更新)
暑い日々に突入。


『このまま続きを表示する』が機能していませんね。直せるかわかりません。不都合をお掛けします。
Categories

openclose

Comments+Trackback
Comments<>+-
Trackback <> + -
アーカイブ
09 | 2017/10 | 11
1 2 3 4 5 6 7
8 9 10 11 12 13 14
15 16 17 18 19 20 21
22 23 24 25 26 27 28
29 30 31 - - - -
twitter
※ブログとtwitterではキャラクターが違いますのでご注意を。
Amazon人気商品(ゲームトップ10)