「Hard Corps: Uprising」 プレイ記1 ゲーム紹介・雑感等

hcu10.jpg
『Hard Corps: Uprising』は横スクロール型の2Dアクションゲームです。
開発は『ギルティギア』や『ブレイブルー』などを手がけている『アークシステムワークス』。
魂斗羅シリーズの流れを汲む作品でなかなか骨太な難易度をしています。
ダウンロード専用タイトルで1500円にて販売。使えるキャラは2人で、DLC追加キャラが3人います。(各300円)

トロフィーコンプを行った後にそこそこやり込んだので紹介していきます。

※2015/05/14追記
紹介・感想記事で、地味なやり込み動画を貼っても仕方ないと今更ながら気がついたので違う動画に差し替えました。



アクション


hcu10-1.jpg hcu10-2.jpg
迫る来る敵をバカスカ撃って倒しながらステージを進んで行きます。射撃は上下左右斜めの8方向。
武器アイテムを入手することで武器が変わるのでそれぞれの武器の特性を上手く生かして戦っていきます。

同じ種類の武器を取ると3段階までパワーアップするのでその辺りも考慮して入手する武器を決めると良いでしょう。武器は2種類までストック出来るので、片方を広域を攻撃出来るスプレッド、片方を正面に弾をバラ撒けるマシンガンというように場面場面に合わせて切り替えて戦うことが可能です。

ただし、ダメージを負ってしまうとその時持っていた武器が無くなり通常弾になってしまいます。
このゲームの通常弾はかなり貧弱なので武器がなくなるのは非常に痛いです。
なのでダメージをくらわないように進めるためにプレイの仕方を覚えていくというのが基本となります。
(ダメージをくらいそうになる瞬間に武器を切り替えることで残しておきたい武器を守るというテクニックも)


2弾ジャンプやダッシュ、空中ダッシュがあるのでスピーディーにキャラクターを動かせるのも魅力だと思います。
敵の攻撃を跳ね返す『弾弾き』や敵の攻撃をすり抜ける『ショートジャンプ』といった技もあり、これらを使ってみるとまた違った楽しみが出てきます。(発動しない攻撃や敵がいたりするので完璧に使いこなすのはかなり難しいですが)

hcu10-3.jpg
体力はライフ+残機制を採用。多少食らってもライフが残っていれば残機は減りません。
ダメージを負ってもライフ回復アイテムがあるので死なずに進めることも出来ます。
このタイプのゲームだとダメージ=死亡が普通だと思いますので珍しいシステムを採用しているなと感じました。
ライフ制によってプレイに余裕が生まれると思うので結構親切なシステムだとは思いますね。


残機を増やすには特定の位置に行くと出現する隠しアイテムを拾う必要があります。
エクステンド(取得スコアによる1UP)では無いので場所をキチンと覚えて回収しないと厳しくなります。



プレイモード


hcu10-5.jpg hcu10-6.jpg
遊べるモードは『アーケードモード』、『ライジングモード』の2つ。どちらもプレイするステージ自体は同じです。

『アーケードモード』は順番にステージをプレイしていく通常のモード。
『ライジングモード』はプレイごとに溜まる『CP』というポイントを使ってキャラクターのパワーアップをすることが出来るモードになっています。複数取らないと上がらない武器のレベル最初から最大値にしたりをライフや残機の最大値を増やした状態でステージに挑むことが可能になっています。アクションが苦手でもこのパワーアップを使えばクリアすることは可能であると思います。


個人的にはフルカスタマイズをした状態だとゲームバランスが崩壊しているように感じるので、
慣れてきたら適度に締め付けて行くのが良いと思います。
(アクションチップR,V,T,D,Bをオンにすればアーケードモードと同じ性能に。DLCキャラは固有アクションをつける)

もちろんカスタマイズを行って俺つえええと無双プレイするのも楽しみ方のひとつだと思います。
購入したもののオンオフが自由なので、各人のレベルに合わせたプレイングが可能なのが良いところだなと思いました。


オンラインを使った二人プレイが可能ですが過疎っていますのでCOOPには期待しない方がいいと思います。
周りにプレイしているフレンドを見つけたほうが良いですね。オンライントロフィーがひとつありますので。
ちなみにオフラインでの2人協力プレイも可能です。



キャラクター


hcu10-7.jpg
使えるキャラクターは全部で5人ですが、そのうちの3人はDLCになっています。(各キャラ300円)
初期で使えるのは2人だけになります。初期キャラよりDLCキャラの方が多いのはどうなんだろうかと思わないでもなかったり。今のところ僕は『Sayuri』のみ購入。

一応各キャラの性能を簡単に。アーケードモード基準です。
武器が刀である『Sayuri』以外はどのキャラも攻撃力が同じです。

初期キャラ


・Bahamut:いかにも主人公という感じのバランス型な印象です。ライフが3あるのでわりと安心して戦えます。
Klystal,Sayuriに比べてダッシュ移動が遅く空中ダッシュの距離が短いです。

・Kylstal:スピード重視のキャラでBahamutに比べてダッシュ移動が早く、空中ダッシュの距離が長いです。ただ、ライフが2なので事故って死にやすくちょっと使いづらいキャラです。しかもダッシュ移動、空中ダッシュ距離がSayuriと(多分)同じなので立つ瀬が無いです。あと声が好きじゃないです。

DLCキャラ


・Sayuri:武器が刀なので通常攻撃が近距離攻撃になります。攻撃を溜めることで遠距離攻撃(しかも貫通)を放つことが出来ます。火力が非常に高く、大抵の敵を瞬殺することが可能です。遠距離攻撃の連射が効かないという弱点がありますが、十分に強いチートキャラだと思います。ライフが3あり移動も速いです。銃を使う他のキャラとはプレイ感が変わるので使っていて楽しいです。おすすめ。

・Harley:ライフが4あるため死にづらくなっていますが、移動が遅く落下死の危険性があるキャラ。

・Leviathan:ライフが1・持てる武器が1つだけという上級者向けキャラ。他のキャラにはない特殊移動が魅力的。


初期キャラだけでも十分楽しめますので、DLCキャラはゲームに満足出来てから考えればいいと思います。
とりあえず『Sayuri』だけ買えば良いと言っている方が多いようですね。



トロフィーコンプまで遊んでの総評みたいなもの


hcu10-4.jpg
なかなか歯ごたえのある骨太ゲームで難易度は結構高いと思います。
対処が分かっていないと突破が難しい場面や初見殺しがあちこちにあります。完全なる死に覚えゲーですね。
ですが、やり方を覚えればスイスイと進められるようになっているので、自身のスキル上達が実感出来るゲームであると思います。


ただ、少し残念に思ったことは後半の即死地帯の多さです。綱渡りや壁を登っている最中に、『攻撃を食らってそのまま落下→死亡』はよく見かけた光景で、あまり愉快ではなかったですね。(綱渡りや壁登り中は無防備すぎるので『弾弾き』を出来るようにしてくれても良かった気がします)

ラスボスなんかはかなりひどく、事前にパターンが分かっていないと避けられないであろう攻撃がありました。
せっかくのライフ制なのに落下で殺しに来ているんですよね。
こういった点は「難しさ」というよりは「理不尽さ」が出ている気がします。

あと敵の攻撃が背景に同化していて見にくいところが多々ある点や、通常弾が弱過ぎる点なんかはマイナスですね。


とはいえ「パターンを見つけて攻略する」という作業が非常に楽しかったし、「難しい難易度」であるからこそ突破出来た時の喜びも大きかったです。キチンと作りこまれた2Dアクションゲームであると思いますね。
全部で8ステージありますが、どのステージも違った特色があり飽きさせないように工夫しているところも評価すべき点であると感じました。



ゲームの面白さ:★★★★★ 不満はあるけど個人的ツボにハマりました。2DACTが好きならおすすめ。
難易度:★★★★☆ 慣れるまでは死にまくり。通常弾が弱すぎるのは不満。
トロフィー難易度:★★★★☆ 鬼畜ではあるけど無理ではないレベル。ACTが苦手な人だと+1かも。
最難関トロフィーが"ノーダメクリア"ではなく"ノーデスクリア"な点がこの評価に繋がっています。"ノーダメ"だったら★5にしてます。

※各トロフィーについては別記事にて語ります。



Launch Trailer

コンポーザーは『ギルティギア』などで有名な『石渡太輔』が務めていて、ギュンギュンとギターが効いた熱いサウンドになっています。格好良い曲が多いのも魅力です。



おまけ




管理人のプレイ動画です。ミッション1を通常弾のみでクリアするという動画なのですが、ショートジャンプや弾弾きを使ったプレイをしてみたので、こういう動きも出来るんだよーというのが伝わるんじゃないかなと思って貼ってみました。まあぶっちゃけ宣伝なんですけど。

※2015/05/14追記
紹介・感想記事で、地味なやり込み動画を貼っても仕方ないと今更ながら気がついたので違う動画に差し替えました。


いろいろ動画を撮ったので、攻略記事としていずれ更新していこうと思っています。
今は少しずつ書いています。需要は無さそうなのでゆっくりやっていくつもりです。




魂斗羅クロニクル Vol.1 coupling with "HARD CORPS:UPRISING"
魂斗羅クロニクル Vol.1 coupling with EGG MUSIC RECORDS

2015
売り上げランキング : 38247

Amazonで詳しく見る
by G-Tools
タイトーデジタルサウンドアーカイブ ~ARCADE~ Vol.3 (CD2枚組) みんなでまもって騎士~姫のトキメキらぷそでぃ~サウンドトラック VOL.1 SUPER Rom Cassette Disc In JALECO ワイワイワールド1&2 サウンドコレクション タイトーデジタルサウンドアーカイブ ~ARCADE~ Vol.2 (CD2枚組)

関連記事

この記事へのコメント

トラックバック

URL :

プロフィール

オタケ

Author:オタケ



・PS3ゲームをメインに適当更新。アニメ・ゲーム系統のサブカルチャーが好きなのでそちらの話題に触れたりするかも。 

・カテゴリ欄の『はじめに』に簡単なブログの紹介を書いていますのでよろしければご覧下さい(2012-09-16更新)

・本ブログはChromeで記事作成・レイアウト確認をしています。

・ブログ内の検索は上部にある検索バーをご利用下さい。

・反応が無い時はツイッターをつついて下さい。

・上のプロフ画は友人の飼い犬です。

アバウトな近況
(2016/07/05更新)
暑い日々に突入。


『このまま続きを表示する』が機能していませんね。直せるかわかりません。不都合をお掛けします。
Categories

openclose

Comments+Trackback
Comments<>+-
Trackback <> + -
アーカイブ
09 | 2017/10 | 11
1 2 3 4 5 6 7
8 9 10 11 12 13 14
15 16 17 18 19 20 21
22 23 24 25 26 27 28
29 30 31 - - - -
twitter
※ブログとtwitterではキャラクターが違いますのでご注意を。
Amazon人気商品(ゲームトップ10)