「アサシンクリード リベレーション」 プレイ記2 本編のプレイ雑感など

DSCN5964-1.jpg
アサシンクリードはアサシンとテンプル騎士団、2つの組織の戦いを描いているシリーズ作品です。
話の大筋としては主人公はアサシン一族の末裔で、アニムスと呼ばれる機械を使って
先祖の人生を体験することで、テンプル騎士団と戦うための技術を体得していくというものです。
ストーリーはアサシンの末裔であるデズモンドと祖先のアサシンの話で構成されます。
まあ、基本的に祖先の話が主になっています。

現在体験している祖先のアサシンはイタリアの貴族エツィオ。若い頃に家族を殺され、その復讐を描いた『2』
アサシンたちを束ねる長としての成長を描いた『ブラザーフッド(BH)』
そして本作ではコンスタンティノープルに旅立ったエツィオの物語を見て行きます。


今回、ついにエツィオのストーリーが完結するとのことで非常に楽しみにしていました。
現在シークエンス5までクリアしましたので、そこまでの雑感等を。



ストーリー


前置きとして述べておくと今作は前作ブラザーフッドの続きから始まるのでシリーズ未プレイ者には向きません。
冒頭で前作までの流れを簡単に説明されますが、多分良く分からないのではないかと思います。
ブラザーフッドの時もそうでしたが、前作からのフォローが足りないので相当不親切です。

DSCN5926.jpg DSCN5944.jpg
前作のエンディングは衝撃的でした。さらに「次回へ続く」な終わり方だった(投げっぱなしとも言える)ので、
どうなったんだ、どう語られるんだと思っていましたがその辺りについてはあっさり説明されただけなので、がっかりでした。
ちなみに上の画像は同一人物です。右が本作ですがグラフィックが思いっきり変わっていて驚きました。別人のようです。
違和感を覚えましたがグラフィックが洗練されたんだと思うことにしました。

今回もなんだかんだ理由を付けてエツィオの人生を体験していくことになります。
アサシンの英知を収めた書物を捜し求めるために単身コンスタンティノープルへ旅立ちます。

DSCN5957.jpg DSCN6005.jpg
左:エツィオ 右:アルタイル(1の主人公)
おっさんになったエツィオですがこれはこれでカッコイイ。渋みがありますね。
1の主人公アルタイルを使う場面もあり、過去作からの繋がりなんかを感じさせられます。

序盤の内はチュートリアルも兼ねたようなミッションが多くあるので少しずつ操作を覚えていけるのはよいところですね。
反面、話の進みとしてはスローな印象です。現在シークエンス5が終了した段階ですが物語的には大きく動いていません。
この辺りから動いていくぞという雰囲気ではあるので、今後に期待というところですね。



グラフィック、アクション


DSCN5986.jpg
本作の舞台は15世紀頃のコンスタンティノープル。今まではローマなどのヨーロッパを舞台にしていたので、
建築物や雰囲気が大きく変わっていて面白いですね。オリエンタルな世界もいいものです。
このゲームをやっていていいなと思うのは作りこまれたグラフィック。これは毎回感心しています。
このグラフィック=説得力となり、ゲームの世界観をしっかりと構築している要素になっていると感じます。

DSCN5989.jpg DSCN4909.jpg
そんな建物をひょいひょい登るフリーランアクション。建築物を簡単に登れるというのが
このゲームの面白みと言えます。今作では新しい移動手段として、フックブレードというものが追加されました。
腕からカギ状になった棒を伸ばして引っ掛けるというもので、遠くの手すりまで手が届くようになったり、
建物をひょいひょいと登ることが可能になりました。建物が多いゲームなんで早く登れるのは良いです。
画像右の様に屋根に巡らされているワイヤーを伝って移動することも出来るように。

移動手段が増えたことで移動のアクション、面白みが増えましたね。
ただこういう要素が増えたからか、マップ構造が悪いからかはわかりませんが、フリーラン誤爆が増えた気がします。
登れるはずの建物にしっかり登ってくれない、行きたい場所に飛んでくれない、などの引っかかりをプレイしていて感じます。
確証はありませんが、前作のブラザーフッドの方が快適に動けていた気がしますね。


DSCN6047.jpg
戦闘に関しては相変わらず楽なゲームです。敵の銃は強力ですが薬が直ぐ使えるのでそこまで脅威ではないですね。
ボーガン、銃、毒矢などの武器、非常に強力な弟子などに加えて、爆弾が使えるようになりました。
爆弾は爆発させて倒したり、煙幕で敵を無力化したり、おびきよせたりと様々な効力があります。

シリーズを通して主人公の無双化が進んでいるなと感じます。まあ「戦闘を楽しむ」ゲームではなく
「主人公の強さを感じることに面白みを得る」ゲームだと思うので問題はないです。
アクションゲーというより雰囲気ゲーですね。良い意味でも悪い意味でも。



新要素


DSCN5992.jpg DSCN5990.jpg
左:追憶の旅 右:アジト防衛戦

今作で新しく増えた要素たちですが、個人的にはどちらも失敗だと思います。
シリーズのマンネリ回避のために入れたものだと思いますが、面白くない上にテンポを崩しています。
残念ながら「こんなつまらないものをなんで入れちゃったの?」と思ってしまいました。


追憶の旅は「断片」と呼ばれる収集物を一定数(おそらく5個ずつ)集めると出来るようになるものです。
ステージを進んでゴールにたどり着くというものです。このモードでは視点が普段の三人称ではなく、
一人称に変わり、足場を作り出して進めて行きます。パズルゲームみたいなものですね。
勝手な想像ですが『PORTAL』なんかを意識しているのかなと思いました。

ただし面白くはありません。アバウトすぎて爽快感がまったくないんですよね。
道中でデズモンドがぶつくさ過去を語ってくれるだけでした。いらんよ。


アジト防衛は兵士を配置したり、バリケードを作ったりして侵攻してくる敵を倒すというものです。
リアルタイムストラテジーみたいなものでしょうか。これ1回始まると結構長いです。
アクションゲームをやっているのにこんな面倒なのをやらせて欲しくないです。

街を復興していくと認知度というものが上がり攻撃をされてしまうので、
小まめに先触れに賄賂を渡すなどをして認知度が上がらないようにしなければなりません。

やっても面倒だし、下げるのも面倒。ゲームテンポを悪くしている要因だと思います。



あと駄目だと思う点はロードの長さ、ソフィアミッションなどを受けるとパラシュートが0になるところですかね。
ロードは箱庭ゲーにはついて回る問題なので仕方は無いとわかっていますが気になりますし、
後者は前作からずっと残っているバグ(仕様?)で直っていないのは不満です。


とまあ上手くまとまっていませんが現段階でゲームに対して思うところはこの辺りですね。
不満をやや多めに述べた感がありますが、わりと楽しんで遊んでいます。
一番気になっているのはストーリーですので、どう展開していくかが楽しみです。



アサシン クリード リベレーション スペシャルエディション 【CEROレーティング「Z」】
アサシン クリード リベレーション スペシャルエディション 【CEROレーティング「Z」】
ユービーアイ ソフト 2013-04-18
売り上げランキング : 196

Amazonで詳しく見る
by G-Tools
アサシン クリード ブラザーフッド スペシャルエディション【CEROレーティング「Z」】 アサシン クリード 血盟 上 (ヴィレッジブックス) The Last of Us (ラスト・オブ・アス) (初回同梱特典 豪華3大コンテンツのDLプロダクトコード(サウンドトラック、カスタムテーマ、アバターセット) 同梱) アサシン クリード 血盟 下 (ヴィレッジブックス) アサシン クリード リベレーション パーフェクトガイド (ファミ通の攻略本)

関連記事

この記事へのコメント

- がき - 2012年02月05日 08:31:19

ロードは最近はないほうが嫌かなあ。「おい、この広さグラでなんでロードないんだよ、どんだけ先読みさせてんだよ。ハードいじめすぎだろ」って感じです。ハードクラッシャーのゲームってホントにありますからね( ̄∀ ̄)

Re: がきさん - オタケ - 2012年02月05日 14:25:30

> ロードは最近はないほうが嫌かなあ。「おい、この広さグラでなんでロードないんだよ、どんだけ先読みさせてんだよ。ハードいじめすぎだろ」って感じです。ハードクラッシャーのゲームってホントにありますからね( ̄∀ ̄)

なるほど。そういう考えもあるのかw
ハードクラッシャーで思い出しましたが、僕のPS3が最近大きな音を立て始めました。
クラッシュされる日が近いかも^^;

トラックバック

URL :

プロフィール

オタケ

Author:オタケ



・PS3ゲームをメインに適当更新。アニメ・ゲーム系統のサブカルチャーが好きなのでそちらの話題に触れたりするかも。 

・カテゴリ欄の『はじめに』に簡単なブログの紹介を書いていますのでよろしければご覧下さい(2012-09-16更新)

・本ブログはChromeで記事作成・レイアウト確認をしています。

・ブログ内の検索は上部にある検索バーをご利用下さい。

・反応が無い時はツイッターをつついて下さい。

・上のプロフ画は友人の飼い犬です。

アバウトな近況
(2016/07/05更新)
暑い日々に突入。


『このまま続きを表示する』が機能していませんね。直せるかわかりません。不都合をお掛けします。
Categories

openclose

Comments+Trackback
Comments<>+-
Trackback <> + -
アーカイブ
06 | 2017/07 | 08
- - - - - - 1
2 3 4 5 6 7 8
9 10 11 12 13 14 15
16 17 18 19 20 21 22
23 24 25 26 27 28 29
30 31 - - - - -
twitter
※ブログとtwitterではキャラクターが違いますのでご注意を。
Amazon人気商品(ゲームトップ10)