魔法少女まどか☆マギカ 全話視聴後の雑感

CIMG8993.jpg
魔法少女まどかマギカ公式サイト

今更ながらに視聴しましたが、大ヒット。面白かったです。
シナリオ自体の面白さもありますが、飽きずに観ていられたのは
起承転結がしっかりしているからだと思います。

ストーリーの流れにメリハリがあってわかりやすいのです。
物語の転換期ごとにインパクトが与えられ、
どうなるんだ?という続きへの期待が絶えずあった気がします。
登場人物だけでなく視聴者の心情の流れも誘導されているような気分に。

良く練られた脚本だと思いましたし、全体の構成も上手く作られているので、
視聴後に観返すと色々と気づかされます。


見せ方が上手かったのは10話。
なんとなくの予想は出来ていましたが、予想を上回る衝撃がありました。
わかっていても回避できないものだと思います。
役者陣の演技もこの回の良さを上げています。名演でした。

主題歌の意味がわかるのもこの回。
歌詞から脳が勝手にリンクしていきます。
曲の使い方の見本だと思いました。

◇     ◇     ◇     ◇     ◇

個人的には観ていて不満が特になかったです。
なのでべた褒め。
作画の表現方法も独特で観ていて興味深かったです。
特に敵である魔女が非常にユニークで異質な感じが出ていたのが印象的でした。

視聴を迷っている方は、3話まで観てみて
その後の視聴を決めれば良いのではないかと思います。


上記までを読んでもらえれば個人的に満足です。
続きを読む以下は全体をダラダラと書いています。



3話が重要。

1~2話は普通の魔法少女モノと思わせています。
でもこれは『皮を被った何か』です。
騙されてはいけません。


ベタなネタがあったりして無駄に明るさを出しているのですが
異質な、おどろおどろしい空気感がそこかしこに滲み出ていて不安を募らせます。
最たるものはマスコットキャラのキュゥべえ。
可愛いけど、どこか薄気味悪い雰囲気を出しています。
絵の見せ方からして狙っているのですが。


そして3話の最後で、強烈な引きが与えられます。
フラグ立ってますよ→ぷらーん。

え!?どーなるのこれ!?
奇跡の代償を主人公たち(と視聴者)に突きつけます。
ちなみに3話のタイトルは『もう何も怖くない』。
観返すと笑えます。




奇跡は叶わないから奇跡。
大きな代償、得られる奇跡もまた大きい。


魔法少女を生み出す存在のキュゥべえ。
あくまで生み出す存在なだけで、助けてはくれません。
助言をするだけです。
煽る方向に。

まどかは一度は魔法少女になろうとしたものの、
代償の恐ろしさから魔法少女になることを踏み切れません。


一方、代償の大きさに戸惑いを感じながらも、親友のさやかは奇跡を願って魔法少女になります。
得られた奇跡を目の当たりにし、幸せを噛み締めます。
そしてマミのように人々のために戦う、と意思を固めます。
そこに他人を犠牲にすることを厭わない魔法少女の杏子が登場、
当然のように敵対します。


魔法少女たちの対立と、いさかいを止めたいまどかの苦悩。
「誰かが間違えてあげればいい」
まどかと母親の会話がなかなか興味深いです。
みんながみんな間違え方を学べなかったから、
この物語は詰まっていたんでしょうね、色々と。


6話、ハプニングによって契約の裏側が明かされます。
話が一気にブラックな方向へ。
嬉々として語るキュウベエが怖いです。
質問に答えてなかったり、怪しいところはいっぱいありました。

絶望→立ち直り→絶望のコンボが面白いです(あら不謹慎)




孵卵器、培養器。伴うエサ。
大きな代償、得られる奇跡もまた大きい。逆もまた然り。


契約の裏側を知った、
登場人物たちの感情が大きく揺れて行きます。
特にメインとなっているのはさやか。


得られない見返り、エゴ。
行動に対して伴わない結果は虚しい物で、
様々な状況がさやか意固地にし、追い詰めていきます。
最終的には拠り所(守るもの)にしていたものに失望させられます。

希望⇔絶望
の図式が興味深く思えてきます。


時間が、タイミングがあれば折り合いがつけられたと思うのです。
まあ、つけられないからこんな話なんでしょうけど。
(今更ながら上条君にむかつきました。お前もなんか出来ただろ)
気持ちのすれ違いがもどかしい。


杏子との関係性の変化も面白かったです。
倫理観の違いで対立したものの、根幹は同じだったふたり。
似たもの同士であったさやかのために行動するところはなんとも可愛らしい。
そして通じ合わないところがなんとも憎らしい。


でもそんな努力、友情、勝利では進まない展開が大好きです。




交わした約束。
何度繰り返すことになっても、必ず貴女を守ってみせる。


今まで謎だったほむらの行動の真意がわかる10話。
彼女に対してはなんとなくこうなんだろうなー、
という推測を持って観ていましたが、想像を超える衝撃がありました。
話のネタがわかっていても多分驚いただろうと思います。

演出がずるい。音楽がずるい。役者の演技がずるい。
視聴時のテンションはここでマックスに。


OPの流し方が素晴らしいですね。
そして、物語とのリンク具合が半端ないです。
歌詞のひとつひとつが脳内で勝手に変換されて結びついてきます。
テーマソングはこうあるべきだなと感じました。お手本だと思います。
OP最後の絵で魔法少女全員がそろっているのも心憎い演出。

◇     ◇     ◇     ◇     ◇     ◇

展開におおーと思わせてくれるのですが、
物語の絶望感もヒートアップ。


どう頑張っても詰み。
何度やり直しても詰み。
むしろ悪くなっていくという負のスパイラル。

この状況を作ったキュゥべえは優秀ですね。むかつきますが。
頑張っていたんだね、ほむら。なんてのん気してる暇は無く。



大事なものを守るためまどかは決断します。
状況に流されていただけの彼女が見せた強い意志。
作品を通しての成長が見れる瞬間だと思います。
成長を感じて送り出す母親に見せる笑顔が可愛い。

しかし魔法少女と題を冠して置きながら、
最終話まで主人公が変身しないというのも面白いです。

◇     ◇     ◇     ◇     ◇     ◇

願いによって変わった世界。
ですが、世界そのものの本質が変わりません。
魔女はいなくなっても、魔獣という新たな災いが存在する世界。
戦いは続きます。


それでもハッピーエンドなんだろうなと思います。

絶望に満ちた世界に希望を与えた。
孤独に戦っていたほむらが想いを受け取った。
というところが救いになっているのではないかと。

忘れないで。
いつだってどこかで、誰かが貴方のために戦っている。
彼女を覚えている限り、貴方はひとりじゃない。
(へっぽこ訳。多分こんな感じでしょ)


戦いの原点は希望。絶望に変えられてしまったけど、
新たな希望を胸に抱くことが出来たのですから。



その他、雑感

傍観している側(視聴者)としては、ほむらも閉ざしすぎていて、
駄目にしているところがあるなと感じました。要はコミュニケーションが足らない。
まあ大人びた思考しているけど、主要キャラは中学生なんですよね。
邪魔する奴がいるし理解者が足らん。無理か。

10話辺りを観ていてゲームの『クロスチャンネル』が思い浮かびました。
作品のベクトルは違うので類似キーワードがあるというだけですけど。


まとまった感がありませんが、自分の雑感はこんなところです。
OPテーマが欲しくなりました。買おうかな。



追伸

11話の戦闘シーンは笑いどころですよね。
タンクローリーだッ!!
って叫んだ人は自分以外にも居るはず。
"魔砲"少女アニメってすごい。


関連記事

この記事へのコメント

- tyokotto - 2011年05月20日 01:37:45

内容のまとめ方すばらしいですね(о'д')b
私もほぼ同じ感想でしたよ。

11話のほむらちゃんの1人核戦争すごかったです(*>艸<*)

それよりも、あの10話による話の急展開後、震災による1ヶ月ほどの延期はなかなかでしたよヽ(;´Д`)ノ

続きが気になって気になってしょうがなかったです(ノД`)シクシク

Re: tyokottoさん - オタケ - 2011年05月20日 14:14:57

> 内容のまとめ方すばらしいですね(о'д')b
> 私もほぼ同じ感想でしたよ。

雑感というより話のまとめになっていましたが、
とりあえず感じたことをちょこちょこ挟みました。
なんとなく書けたかなと思います。


面白かったというのは簡単ですが、どこが、何故?などを考えていくと難しいです。
自分は考えをアウトプットするのが大の苦手なので、
面白い以外の言葉が出てこないんですよね。
その辺はブログ作成を通じて学んでいこうかなと思います。


> 11話のほむらちゃんの1人核戦争すごかったです(*>艸<*)

ほむらの能力最強ですね。でもちょっとやりすぎだろwって思いました。
ジョジョ知っている人は笑わずにいられない箇所だと思います。
時を止めてみたい。

> それよりも、あの10話による話の急展開後、震災による1ヶ月ほどの延期はなかなかでしたよヽ(;´Д`)ノ
> 続きが気になって気になってしょうがなかったです(ノД`)シクシク

あそこで止められたら、続きが気になって仕方ないですね。
まとめて観たのはある意味正解だったのかも。

お勧めいただきありがとうございます。
脚本の段階で自分の中の期待値は高かったのですが、
ストックが増えていくにつれ視聴の面倒さが上回っていました。
一押しがなければ多分見てなかったと思います。

トラックバック

URL :

プロフィール

オタケ

Author:オタケ



・PS3ゲームをメインに適当更新。アニメ・ゲーム系統のサブカルチャーが好きなのでそちらの話題に触れたりするかも。 

・カテゴリ欄の『はじめに』に簡単なブログの紹介を書いていますのでよろしければご覧下さい(2012-09-16更新)

・本ブログはChromeで記事作成・レイアウト確認をしています。

・ブログ内の検索は上部にある検索バーをご利用下さい。

・反応が無い時はツイッターをつついて下さい。

・上のプロフ画は友人の飼い犬です。

アバウトな近況
(2016/07/05更新)
暑い日々に突入。


『このまま続きを表示する』が機能していませんね。直せるかわかりません。不都合をお掛けします。
Categories

openclose

Comments+Trackback
Comments<>+-
Trackback <> + -
アーカイブ
03 | 2017/04 | 05
- - - - - - 1
2 3 4 5 6 7 8
9 10 11 12 13 14 15
16 17 18 19 20 21 22
23 24 25 26 27 28 29
30 - - - - - -
twitter
※ブログとtwitterではキャラクターが違いますのでご注意を。
Amazon人気商品(ゲームトップ10)