ENTRY LIST

NEXT≫

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

「アサシンクリード リベレーション」 プレイ記8 トロフィーコンプ完了!

DSCN6479.jpg
DLC分トロフィーの全取得が完了しました。運が多分に絡むので結構大変でした。
「ステージが選ばれない」、「モードが選ばれない」、「人が居ない」、「相手が思うように動いてくれない」などですね。
勝負の土俵に上がれずに挑戦できないパターンが多くて困りました。試すことも出来ないってどうなんすか。大変でした。

プライベートマッチからでも取得が出来るので談合が可能です。そちらで狙ったほうがいい気がします。
面倒になったのでsato9yさんにご協力頂きました。どうもありがとうございました。
ちなみに2人居れば全6つのトロフィーの内4つを直ぐに取れます。コンプするなら4人必要になります。


とりあえずマルチプレイ用マップパックトロフィー達成率100%(6/6)になりました。
アサクリのトロフィーはこれで完全コンプです。一応マルチはたまに遊ぼうと思います。

※追記。以下は取得トロフィーについて。


スポンサーサイト

「アサシンクリード リベレーション」 プレイ記7 DLCプレイ中その2

DSCN6413.jpg
マップパックのトロフィー、懲りずに挑戦中です。
まずステージが選ばれないことをひとつ前の記事で言いましたが、そもそも人が少ないことが問題だと気づきました。
人がいないのだから遊べるわけがねえですね。同じ人ばかりに遭遇します。しかもプレステージに突入しているような
高レベルの人たちが多いです。☆25(50レベルに25回到達)の人を見かけてどんだけ廃人なんだよと思いましたね。
これは新規が入りづらい感じですね。まあDLCが1200円と高いのもあると思いますが。

後、困っているのがマッチングの仕様ですね。このゲームは選んだモードでマッチング(人が居ない)しないと、
他のモードに強制的にねじ込まれるんですよね。部屋を作って待っていられないわけですね。
人がいないモードはずっとプレイ出来ません。移行する、しないを選べればいいのにストレスが溜まる仕様です。


運よくトロフィーが取れたので今後もちょいちょいやって行きます。
以下は取得トロフィー。※追記アリ。プライベートマッチからでも取得が出来るので談合が可能です

「アサシンクリード リベレーション」 プレイ記6 DLCプレイ中

DSCN6360.jpg
DLCであるお高いマップパックを購入してしまったのでトロフィー取得を目指してプレイしていますが
これを自力でコンプするのは結構大変だと感じました。運に左右される面が強いです。
まず特定のマップ、特定のモードで条件を満たさなければならないので、トロフィー取得が可能なステージが選ばれる必要があるのですが、なかなか選ばれず挑戦する機会自体が巡って来ません。

ついでに目当てのモードは人気がないのか、マッチングされなかったので少しやる気が削がれました。
トロフィーを何かひとつくらいは取れるかなと思いましたが進展ゼロ。意外と時間が掛かってしまうかも。
積みゲーが控えているのでさくっと取ってしまいたかったのですが。うーん。



そういえば、100円セールで売っていた『PixelJunk Shooter』を少しプレイしましたが、結構面白かったですね。
1プレイがお手軽に出来るので平行してプレイしようかなと思います。

「アサシンクリード リベレーション」 プレイ記5 プラチナトロフィー獲得!

DSCN6046.jpg
『アサシンクリード リベレーションズ』のプラチナトロフィーを獲得しました。
いやあ大変でした。作業感が半端無かったのもあるんですけど、トロフィーバグに遭遇したんですよね。
情報はあったので事前にバックアップを取っていましたが、なかったら怒髪天を衝いて、ふて腐れて、寝てたと思います。
オートセーブは便利ですがこういうのが怖いです。勘弁して欲しいですね。

※追記
説明を若干修正&補足。爆弾マニアは自分のミスの可能性もあるのでそれについても記載。

「アサシンクリード リベレーション」 プレイ記4 トロフィー回収中

DSCN6264.jpg
ゲームのクリアが完了したので残りのトロフィーを回収中です。しかしこのゲームはトロフィー回収がタルイです。
まあそれはどのゲームにも言えることなんですけど、アサクリはリプレイ性が薄いゲームなので
特にそう感じるのかなと思いました。面白いけど1回やれば満足するタイプのゲームなんです。

僕はこのゲームは結構好きですが世界観や雰囲気が好きなのであって、
アクションとしては大味でそこまで面白いと思っていないんですよね。後半になって飽きてきます。
ストーリーがあるうちはまだ楽しんでいられるんですけど、そういうのが何も無いと作業感が一気に増すんですよね。
このゲームはアクションゲームだけどそうは思っていません。良くも悪くも雰囲気ゲーだと思います。

大して数をこなしていない身で大口を叩くと、基本的に洋ゲーはアクション部分が大味な印象があります。
グラフィックなどで圧倒されるゲームは数あれど、アクション自体がすげえという洋ゲーはあまり無い気がします。
趣向だとは思いますがきっちりハマッた感が無いんですよね。そういう部分は和ゲーの方が勝っている気がします。
こういうものでも国民性というか、感覚の違いが出てくるのかなぁなんて思ったり。
まあ日本でも海外でもどっちでもいいから面白いゲームを出して下さいね、と適当に結びますかね。


以下は今回プレイ範囲の取得トロフィーについて。現在のトロフィー達成率88%(41/50)
もうちょっとですね。※微妙に補足を追記。

「アサシンクリード リベレーション」 プレイ記3 クリアしました

DSCN5964-1.jpg
シークエンス6までプレイしていたアサクリですが、一気にプレイしてクリア致しました。
本作はシリーズ経験者向けファンディスクという印象ですね。手放しで絶賛はしないけど、
アルタイル、エツィオの物語に対してしっかり終止符を打ったところは非常に良かったと思います。
しかしその良さを感じられるのはシリーズ経験者だけだと思うので新規プレイヤーには少々厳しい気がします。
長い、長いと言われていたスタッフロールは本当に長かったです。ちなみに17分程ありました。長すぎだろ。


続きを読む以下はストーリーに対する雑感です。
エツィオパートとデズモンドパートに分けて簡単に。どちらかというとプレイ者向けですね。
後文字を一部反転してあります。

「アサシンクリード リベレーション」 プレイ記2 本編のプレイ雑感など

DSCN5964-1.jpg
アサシンクリードはアサシンとテンプル騎士団、2つの組織の戦いを描いているシリーズ作品です。
話の大筋としては主人公はアサシン一族の末裔で、アニムスと呼ばれる機械を使って
先祖の人生を体験することで、テンプル騎士団と戦うための技術を体得していくというものです。
ストーリーはアサシンの末裔であるデズモンドと祖先のアサシンの話で構成されます。
まあ、基本的に祖先の話が主になっています。

現在体験している祖先のアサシンはイタリアの貴族エツィオ。若い頃に家族を殺され、その復讐を描いた『2』
アサシンたちを束ねる長としての成長を描いた『ブラザーフッド(BH)』
そして本作ではコンスタンティノープルに旅立ったエツィオの物語を見て行きます。


今回、ついにエツィオのストーリーが完結するとのことで非常に楽しみにしていました。
現在シークエンス5までクリアしましたので、そこまでの雑感等を。

NEXT≫
プロフィール

オタケ

Author:オタケ



・PS3ゲームをメインに適当更新。アニメ・ゲーム系統のサブカルチャーが好きなのでそちらの話題に触れたりするかも。 

・カテゴリ欄の『はじめに』に簡単なブログの紹介を書いていますのでよろしければご覧下さい(2012-09-16更新)

・本ブログはChromeで記事作成・レイアウト確認をしています。

・ブログ内の検索は上部にある検索バーをご利用下さい。

・反応が無い時はツイッターをつついて下さい。

・上のプロフ画は友人の飼い犬です。

アバウトな近況
(2016/07/05更新)
暑い日々に突入。


『このまま続きを表示する』が機能していませんね。直せるかわかりません。不都合をお掛けします。
Categories

openclose

Comments+Trackback
Comments<>+-
Trackback <> + -
アーカイブ
05 | 2017/06 | 07
- - - - 1 2 3
4 5 6 7 8 9 10
11 12 13 14 15 16 17
18 19 20 21 22 23 24
25 26 27 28 29 30 -
twitter
※ブログとtwitterではキャラクターが違いますのでご注意を。
Amazon人気商品(ゲームトップ10)
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。